歯周病について

2018/05/29
スケーリング

こんにちは。

院長の高城です。

今日は悩んでいる方も多いであろう歯周病についてのブログになります。

 

・口臭が気になる

・おもちゃにすぐ血が付く

・かたいものをを食べなくなった など

飼い主さんがお口のトラブルに気づくタイミングは色々ですが、明らかな症状が出ている段階ですでに歯周病かかなり進行していることが多いです。

そもそも3歳以上のワンちゃん・ネコちゃんの多くは歯周病を発症しているといわれています!

 

では、歯周病にならないための予防法は何があるのでしょうか?

 

1、ハミガキ

やはりハミガキが一番効果的です。歯ブラシを使う方法とハミガキシートなどを使う方法がありますが、一番大切なのは継続してできることだと思いますので、無理のない範囲でできるものを選んでください。当院では1日2回のハミガキを推奨しています。

ハミガキのやり方など詳しい説明は診察の時にぜひご相談ください。

 

2、デンタルグッズ

いわゆるハミガキガムといわれるものや水に溶かすタイプなど様々です。ハミガキに比べれば効果は少ないですが、個人的には何もしないよりは効果があると思います。

ただ昔からある硬い牛皮などのガムは歯が欠ける恐れがあるのであまりおすすめできません。

 

次に歯周病の治療法です。

残念ながら上の写真のように歯石がべったりとついてしまった場合は、歯石を取り除かなければ治せません。ただ一度ついた歯石は自宅でのデンタルケアでは絶対に落とせないので病院での処置が必要です。

 

1、麻酔をしない歯石除去

金属製のハンドスケーラーなどで歯石を砕いていきます。メリットは無麻酔でできることですが、歯の表面を傷つけてしまうので今後、歯石が付きやすい歯になってしまうことと歯周ポケット(歯と歯茎の間)の歯石が落とせないので、歯周病の根治とは言えません。以前は私もやっていましたが完全に落としきれないことと結構嫌がるコが多いので最近ではあまりやりません。

 

2、麻酔をする歯石除去

超音波スケーラーを使って無理なく歯石を砕いて除去します。麻酔をしているので奥歯や歯の裏側、歯周ポケットまで全部キレイにできます。また最後にポリッシングという歯の表面を滑らかにする処置を行うので歯石も付きにくくなります。

上の写真は実際に歯石除去を行ったワンちゃんの写真ですが、効果が一目瞭然だと思います。

しかし一番のデメリットは全身麻酔をすることです。

ただ、全身麻酔のリスクも術前検査をしっかり行えばかなり少なくできます。

実際に年齢を理由に麻酔に踏み切れなかった患者さんにしっかり術前検査をした後、麻酔をしての歯石除去をさせてもらうと、口臭が無臭になった、ご飯の食べがよくなった、以前より活発になった、などとても満足してもらえることが多いです。 

 

今回は歯周病について書かせていただきました。このブログを読んで自宅のワンちゃんネコちゃんの歯周病が気になりましたらぜひ一度ご来院ください。