フィラリアの患者さん

2018/06/08
フィラリア ネコ 

こんにちは。

院長の高城です。

当院看板ネコの「もんじろう」はどんどん大きくなってきました。

基本的に院内を走り回っていますので、もし見かけたら優しく見守ってください。

 

今日の話題は「フィラリア」です。

フィラリアは、蚊から感染する細長い寄生虫で最終的に心臓に寄生します。その影響で感染した場合、咳や息切れなどの症状がでてきます。

先日、咳をするということで来院されたワンちゃんも検査してみるとこのフィラリアに感染していました。

最近では予防する飼い主さんが増えたため、遭遇する機会も少なくなりましたが、あらためて予防の重要性を感じました。

(三重県で勤務医をしてた頃は結構見かけましたが、松戸のような都会でもまだまだいるようですね)

 

フィラリア症の難しいポイントは、治療です。

一気にフィラリアをやっつけてしまうとワンちゃん自身にショックなどが起き、負担がかかってしまいますので、治療が長くなってしまいがちです。

そのため、やはり重要なのは「予防」です

今は月に1回の予防薬が主流ですので、ぜひ忘れずに予防してください。

お薬が苦手なわんちゃんでもおやつタイプや皮膚につけるスポットタイプもあるので簡単だと思います

ちなみに予防期間は、

「蚊をはじめてみた時期~蚊を最後にみた時期+1カ月」

です。(+1カ月が重要です!!)

なので当院では4月下旬から11月下旬までとお話ししています。

 

今年の予防も始まっていますので、まだ予防薬を準備していない方はお早めにご来院ください。