フィラリアの飲み忘れにご注意ください

2018/09/10
filalia

こんにちは。

院長の高城です。

最近は暑さも少し和らぎ、ちょっとずつ秋の気配を感じられるようになりましたね。

ヒトが生活しやすくなると動物たちも生活しやすくなり、とくにワンちゃんの散歩時間がまた長くなってくると思います。

そうするとまたノミやマダニの感染率が上昇しがちなので、もし予防抜けがある場合は急いで投薬を再開しましょう。

 

また気温が下がってくると蚊の活動が活発になります。

蚊が活発に活動する温度は26度~32度くらいといわれていますので、暑さの和らいだこの季節は蚊から感染するフィラリアにも要注意です

春頃はちゃんと予防薬を飲んでいたのにこの頃になると飲ませ忘れてしまう飼い主さんがちらほらいて、そうすると来年の春にフィラリア検査が陽性になってしまいます

そしてフィラリアは一度感染してしまうと治療が非常に長期にわたる面倒な病気です。

 

当院ではフィラリア予防薬の最終投与は11月下旬~12月上旬としています。

せっかくはじめた予防なのでしっかりと最後まで予防するようにしましょう。