ネコの胃腸炎が流行っています

2019/07/24
保護ネコ

こんにちは。

院長の高城です。

梅雨が明けそうで明けなくて、相変わらずジメジメした天気が続きますね。

早く夏が来てくれると嬉しいのですが、、、

 

最近、胃腸炎で来院するネコの患者さんが急増しています。

胃腸炎の場合は食欲不振、嘔吐、下痢が主な症状です。

胃腸炎の原因は様々ですが、病院内の血液検査、超音波検査、レントゲン検査では大きな異常はない場合があり、特定できないことも多いです。

今回流行っている胃腸炎ですが、多頭飼いのおうちでは次々に病気が広がっているケースも多いので、ウイルスや細菌などの感染性の病気を疑っています。

ただ治療にはよく反応してくれているので、点滴や抗生剤や吐き気止めで改善しています。

ヒトのように手洗いやうがいができないので、予防というと難しいですが、食器やベッド、トイレなどの常に清潔にしておくことはとても重要です。

また吐き気がある場合、2次的に脱水になり、どんどん症状が悪化してしまうケースも多いため、早めの治療も大切です。

 

話はガラッと変わりますが、院内で保護している仔猫の里親を募集しています。

キジトラの人懐っこい男の子と女の子なので、里親になっていただける方はぜひ病院にご連絡ください。